TURBO FX(ターボFX) 感想レビュー

TURBO FX(ターボFX) 感想レビュー

公式ホームページ
2014年10月18日販売終了

新商材はこちら
PLATINUM TURBO FX(プラチナムターボFX)について

販売者
石塚勝博

TURBO FX(ターボFX)の中身

TURBO FX(ターボFX)にはサポートサイトが用意されていますが、基本的にはテキストで解説がされており、目次はこのようになっています。

  • 初心者向けトレードの進め方
  • 初期設定
  • マニュアル
  • ケーススタディ
  • トレードギャラリー
  • FAQ
  • 特典
  • セミナー
  • MT4 Build646
  • お問い合わせ

サイト内はけっこうマメに更新されており、項目も細かく分けられているので、わりとボリューム感のある構成となっています。

参考チャート画像
TURBO FX チャート画像

テクニカル
HMA、QQE、CCI

時間足
1分足、5分足

TURBO FX(ターボFX)の感想レビュー

TURBO FXは、わりと販売ページの煽りが強く感じましたが、それほど悪い評判も無かったようなので購入してみました。

購入してみた率直な感想としては、非常に丁寧な解説や販売者である石塚さんのマメな対応に非常に好印象を抱いています。バックエンドの案内も無く、ここまでマメに対応している販売者さんも珍しいです(笑)

また、単にシグナルに頼るだけでなく、「裁量の技術を磨きましょう」というスタンスであるのも好感が持てます。

そもそも購入検討者の方がどのように感じているかは分かりませんが、TURBO FXは「裁量トレードノウハウ」であるそうです。僕はシグナル商材だと思って購入しましたけどね(笑)

サポートサイト内でも、このようにステップアップできるように解説されています。

  • 【基本編】シグナルに慣れて取引を行う
  • 【中級編】ロジックを知って、基本的な裁量判断を取り入れていく
  • 【上級編】インジを自分なりにアレンジしたり、裁量判断を取り入れていく

なので、こういった姿勢は非常に好きで評価できるポイントなんですが、残念ながら、そもそものロジック自体が好きになれませんでした。

TURBO FXのロジックは中級編で解説されていますが、3つのインジケーターがわりと複雑に絡み合っているように感じます。

また、複雑なのに実際にチャート上に表示させてみても、それほど勝てるような気もしませんでしたし、もちろん実際に取引自体行っていません。

つまり、この商材で結果を出すにも裁量判断を磨く必要があるわけです。

裁量判断で解説されているのは、長期時間足のトレンド判断や他のテクニカルを使用したトレンド判断です。

その方向にシグナルを合わせましょうという事で、特に難しい事をするわけではありませんけどね。

もう1点好きになれない理由が、MT4を稼働させている時しかシグナルが出ない事です。

これは非常に不便で、過去の検証もできませんし、今日はどんなシグナルが出ているかなといった確認もできません。(ストラテジーテスターを使用すれば、表示はされます)

もちろん、一度表示されたシグナルでも、一旦チャートを閉じてしまうと、再度チャートを開いても消えてしまいます。

1分足や5分足を使用し、対象通貨ペアも5つと多いので、リアルタイムでデモ口座で練習するにはあまり困らないかもしれませんが、逆にそれしかできないというのは僕としては非常に期待外れに感じています。

なので、決して悪い商材では無いと思いますが、購入検討者の方にはしっかりとその辺を理解した上で判断してほしいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ