プロスペクト理論と損大利小は関係無い!?

プロスペクト理論と損大利小は関係無い!?

今回はFXで多くの方が勝てない要因の一つとしてよく挙げられるプロスペクト理論について、僕なりの考えを書いていこうと思います。

プロスペクト理論をおさらい

プロスペクト理論は、1979年にダニエル・カーネマン氏とエイモス・トベルスキー氏によって考案された行動経済学の理論です。そしてプロスペクト理論の解説でよく用いられるのが、このような2つの質問ですね。

【質問1】

  • A.確実に100万円貰える。
  • B.50%の確率で200万円が貰えるが、50%の確率で何も貰えない。

【質問2】

  • C.確実に100万円損をする。
  • D.50%の確率で200万円の損をするが、50%の確率で損はしない。

質問1ではどちらも期待値が+100万円ですが、多くの方がを選択し、質問2ではどちらも期待値が-100万円ですが、多くの方がを選択するそうです。

この結果から分かる事は、質問1では利益を得られないリスクを回避しようとし、質問2では損失自体を回避しようと考える方が多いということになります。

だからと言って損大利小がダメなわけではない

色々な解説を読んでいると、この質問から直接的に損大利小を導き出して否定するような事が書かれていますが、ちょっと違うような気がするんですよね。

なぜなら、損大利小で勝ち続けているトレーダーもいるからです。つまり、勝率の高さでそれをカバーして利益を残している方も多くいらっしゃいます。

ちなみに僕自身は損小利大のトレードを行っていますし、オススメしていますが、それは単に損小利大のほうが簡単で効率的だと思っているからであって、プロスペクト理論がどうたらこうたらなんて考えたことはありません。

では、プロスペクト理論の何が重要なのかと言いますと、この2つの人間の本能的な行動そのものにあると考えています。

  • 利益を得られないリスクを回避しようとする事
  • 損失自体を回避しようとする事

プロスペクト理論を具体的にFXの取引に当てはめて考えてみる

これを具体的にFXの取引に当てはめて考えてみると、ちょっと利益が乗ってくると、それを失うのが嫌で早く利食いをしたくなり、逆に含み損を抱えると、それを確定させるのが嫌で損切り幅を広げたりナンピンしたり損切り注文そのものを取り消したり、ということになります。

仮に練習や検証を重ねて、理論的にはトータルで勝てると思われるルールがあっても、本能に負けてルール外の行動をとってしまうと、トータルで利益を残すことができません。

損大利小となってしまうのは、そういった行動の先にあるものであって、損大利小自体が直接プロスペクト理論と関連した問題ではないと思うんですよね。

なので、プロスペクト理論が教えてくれている我々トレーダーが気を付けなければいけない部分というのは、このような本能的な行動をいかに我慢できるかどうかであると考えています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ