トレンドの捉えやすさが大人気!平均足のメリットとデメリット

トレンドの捉えやすさが大人気!平均足のメリットとデメリット

今回はトレンドの判断などに分かりやすいと人気平均足について解説していきたいと思います。

語源は不明ですが、別名”コマ足”とも呼ばれます。個人的は平均足のほうがしっくりきますね。

また、考案者に関しても詳細は不明ですが、生糸相場で莫大な富を築いた天才相場師の方であるようです。

平均足の計算式

平均足は、非常に簡単な計算式で求めることができるので分かりやすいです。

  • 平均足の始値=(1本前の平均足の始値+1本前の平均足の終値)÷2
  • 平均足の高値=ローソク足の高値
  • 平均足の安値=ローソク足の安値
  • 平均足の終値=(同じ期間のローソク足の始値・高値・安値・終値の合計)÷4

平均足のメリット

平均足の特徴として、始値が必ず1本前の実体の真ん中に位置することが挙げられます。

また強いトレンド相場であるほど連続し、終値が通常のローソク足の終値よりも伸びず、その分ヒゲが長くなり、視覚的にトレンドが捉えやすいメリットがあります。

平均足 1

平均足のデメリット

平均足は先に挙げた計算式の特性上、陽線であれば下ヒゲが、陰線であれば上ヒゲが実体部分に隠れてしまうことがよくあります。(陽線の場合は安値>始値、陰線の場合は高値<始値

なので、ローソク足の形状などに注目した手法には向かないというデメリットがあります。

平均足 2

平均足より連続性がある Heiken Ashi Smoothed

通常の平均足にも連続性によるトレンドの捉えやすさというメリットはある分、ローソク足の形状が捉えにくいというデメリットがあります。

そして、ローソク足の形状をほぼ無視し、連続性というメリットを最大限活かしたインジケーターHeiken Ashi Smoothedです。

Heiken Ashi Smoothedは平均足を移動平均化(SMMA)したもので、同じようなものとして、Heiken Ashi Maも平均足を移動平均化(EMA)したものになります。

ちなみにこの”Heiken”というのは間違いでは無く、インジケーターを開発した外国の方には”平均”が”Heiken”と聞こえたためと言われています。

平均足 3

サブコンテンツ

このページの先頭へ