長期的には順張りでも、短期的には逆張りで狙う方法

長期的には順張りでも、短期的には逆張りで狙う方法

以前、順張りと逆張りについて書いたことがありました。
順張りと逆張りに定義はあるのか?

この記事でもちょっと触れていますが、今回は長期的に順張りでも短期的には逆張りで狙う方法について解説していこうと思います。

上位時間足の押し目を狙うイメージ

長期的には順張りでも短期的には逆張りで狙うというのは、例えば、1時間足では順張りでも15分足では逆張りで狙うというやり方となり、上位時間足である1時間足の押し目を狙うようなイメージとなります。

この図で赤のラインを1時間足、黄色のラインを15分足と考えると、1時間足は高値も安値も切り上げており明確な上昇トレンドであるのに対し、15分足も上昇気味ではあるものの、何度かトレンドが切り替わっています。

上位時間足の押し目を狙うイメージ図

青の矢印では、15分足が高値も安値も切り下げて下降トレンドが形成されているのに対し、1時間足では高値も安値もまだ切り下げておらず、上昇トレンドの押し目となっています。このようなポイントを狙うのが、長期的には順張りでも短期的には逆張りで狙う方法です。

実際のチャートではこんな感じになる

今度はチャートを用いて見ていこうと思います。

FT2 ユーロドル1時間足と15分足

これはFT2で表示させたユーロドルの1時間足と15分足なんですが、15分足は高値も安値も切り下げて明確に下降トレンドを形成したのに対し、1時間足は高値も安値も切り上げている押し目のポイントになっていますね。

分かりやすくて綺麗な形はあまり現れない

実は先のチャート画像のような綺麗な形というのはあまり現れることはないです。あまり綺麗な波でなくても「ちょっと下げてきたな」と入る方が多いと思います。

そもそも1時間足と15分足というのは時間足の大きさとしても近いので、1時間足が上昇で、15分足で下降トレンドと読めるほど綺麗な波はあまり出ません。

どちらかと言えば4時間足で上昇・1時間足がレンジ・15分足が下降といったパターンのほうが多いようにも感じますね。

FT2 ユーロドル4時間足と1時間足と15分足

このチャートでは4時間足は明確に上昇トレンドで15分足は明確に下降トレンドであり、間の1時間足は上昇気味ですがトレンド中とは言い難い気がします。

つまり3つくらいの時間足を見て、一番大きな足と小さな足はトレンドが逆になっており、間の時間足ではレンジ気味になっているというパターンですね。

日足・4時間足・1時間足であれば、日足と1時間足ではトレンドが逆で、4時間足はレンジ気味といった感じになります。

長期的に順張りで短期的に逆張りの手法のルールが明確なFX商材

やはりこのパターンを狙うにしても明確なルールというのは必要になります。どのようにトレンドを読んで、どんなところでどういった反応を見てエントリーし、さらには損切りと利食いの目安というのも重要になってきます。

しかし今回の長期的に順張りで短期的に逆張りで狙う方法はわりとメジャーなようで、明確な手法として教えてくれているFX商材はなかなか少ないように感じます。

当ブログで紹介しているFX商材の中ではDealing FXで明確なルールが設定されています。

販売ページでは「順張りと逆張りの両方の手法があります」と書かれていますが、その逆張り手法が今回のテーマである長期的に順張りで短期的に逆張りで狙う方法です。

実際に塚田さんが取引を行っているリアルトレード動画でも、この逆張りで狙うパターンがいくつも解説されているので非常に参考になると思いますよ。
Dealing FXのレビューはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ