チャンスは少ないが・・・ヘッドアンドショルダーの狙い方

チャンスが少ない!?ヘッドアンドショルダーの狙い方

今回はあまり出現率は高くありませんが、代表的なチャートパターンの一つであるヘッドアンドショルダーとリバースヘッドアンドショルダーの狙い方について解説していこうと思います。

ヘッドアンドショルダー・リバースヘッドアンドショルダーとは?

ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダー 基本形

ヘッドアンドショルダーは上昇から下降への転換で出現するチャートパターンで、高値「A→C→E」を「肩→頭→肩」に見立てて、そのように呼ばれています。

ちなみに日本語では「菩薩→釈迦→菩薩」に見立てて、三尊と呼ばれています。また、安値のBとDを結んだラインはネックラインと呼びます。

リバースヘッドアンドショルダー

リバースヘッドアンドショルダー 基本形

ヘッドアンドショルダーが上下逆になった下降から上昇への転換で出現する形を、リバースヘッドアンドショルダー(逆三尊)と呼びます。

ヘッドアンドショルダー・リバースヘッドアンドショルダーの基本的な狙い方

以前、ダブルトップとダブルボトムについての記事を書いたことがありましたが、基本的な狙い方はほぼ一緒なので、今回はざっくりと解説させて頂きます。
形は簡単だけど奥が深い!?ダブルトップ・ダブルボトムはどう狙う?

ネックライン割れで即エントリー

ヘッドアンドショルダー ネックライン割れで即エントリー

このタイミングで狙うと、エントリーチャンスは多くなりますが、その分ダマシに合う可能性は高くなります。

レジサポ転換でエントリー

ヘッドアンドショルダー レジサポ転換でエントリー

先のネックライン割れで即エントリーのパターンよりは、ダマシにあう回数は減りますが、戻りを作らずに、そのままズルッと進む事も多いので、エントリー回数も減ります。

決済の目安

ヘッドアンドショルダー 決済の目安

決済の目安としては、ネックラインと高値の幅①と同じ位の幅②が一つの目安となり、この辺を狙う方が多いと言われています。

ダブルトップとヘッドアンドショルダーの狙い方の違い

形を作る過程は全く異なる

ここまでヘッドアンドショルダーの基本的な狙い方を解説してきましたが、後付で解説する分には、ダブルトップと狙い方はほぼ一緒になります。

しかし、実際にチャートを見ている中ではそこに至る過程が全く異なるので、最後にその違いについて解説していこうと思います。

まずは、いずれも上昇トレンド後に出現する形なので、どちらも上昇中の形を経由します。

上昇トレンド中の押し目

もちろん、この段階ではダブルトップやヘッドアンドショルダーを作るかどうかは分かりませんし、ちょうど上昇中の押し目となりましたので、ここは買いでエントリーを入れるのが王道的な狙い方となります。

ダブルトップの場合

ダブルトップになるかも

これは上昇トレンド中に、前回高値と同じくらいの位置で下がってきたパターンですが、ここにきて「ダブルトップになるかも」という予想ができるようになります。

なので、ダブルトップは、比較的早い段階で予想ができる形ということになります。

ヘッドアンドショルダーの場合

上昇トレンド継続中

対してヘッドアンドショルダーの場合は、このような形を経由しますが、これはまだ上昇トレンド継続中の形ですので、まずは押し目の形成を待つのが王道です。

前回安値からの切り替えし

そして、このように押し目を作らずに前回安値まで下がってから切り返してきますが、前回安値であるここも買いを狙えるポイントの一つになります。

ヘッドアンドショルダーになるかも

さらに、前回高値に届かずに下がってきましたが、ここにきてやっと「ヘッドアンドショルダーになるかも」という予想ができるようになります。

ヘッドアンドショルダーだけを狙うのは効率が悪い

このように、ダブルトップとヘッドアンドショルダーは狙い方としては似ていますが、ヘッドアンドショルダーの場合は、そこに至るまでに他にもエントリーを検討できるポイントがいくつか出てきます。

最初に書いたようにヘッドアンドショルダーはあまり出現しないので、メインで狙うとなると、かなりエントリーチャンスが限られてしまいます。

エントリーチャンスは多ければ良いというわけではありませんが、ヘッドアンドショルダーだけというのは、あまりにも少なすぎると思います。

なので、ヘッドアンドショルダーを狙うには、それだけを狙うのではなく、このような流れの中の一つとして狙ってみるのがオススメのやり方になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ