ドラゴン・ストラテジーFX 感想レビュー 

ドラゴン・ストラテジーFX 感想レビュー

公式ホームページ
http://global-lloyds.co.jp/drast-fx/

販売者
グローバル・ロイズ株式会社松山裕典

ドラゴン・ストラテジーFXの中身

ドラゴン・ストラテジーFXには専用サイトが用意され、中身はこのようになっています。

  • はじめての方はこちら
  • ダウンロード
  • ドラストFXルール
  • お勧めの証券会社
  • Q&A
  • お問い合わせ

このサイトでは動画での解説もいくつかありますが、基本的には画像とテキストで解説されている部分が多くなっています。

また、相場解説のような内容もほとんど無いので、中身としてはツール本体とその解説、その位だと思っていただいたほうが良いと思います。

一応、購入者向けにメルマガもありますが、僕自身まだ入手してから日が浅いので、そんなに深い内容が書かれたものは送られてきていません。

そもそもこのドラゴン・ストラテジーFX自体が発売されたのも最近なので、中身の充実に関しては、今後に期待したいところです。

参考チャート画像
ドラゴンストラテジーFX チャート画像

テクニカル
シグナル点灯のロジックは今回も不明ですが、チャート上には平均足移動平均線が表示されています。

他に表示されているテクニカルに関しては、なんとなくという程度では把握できましたが、このツールの肝となる部分なので、ここでは伏せさせて頂きます。

ドラゴン・ストラテジーFXの感想レビュー

今回のドラゴン・ストラテジーFXも前回のスターハンターFXと同様に、サイン点灯のロジックは不明で、相場解説のようなものも無いので、スキルを身に付けられるような商材ではないように感じています。

また、販売ページでは「誰がやっても同じ結果」という書き方がされていますが、おそらく同じ結果にはならないでしょう。

ただし、今回は前回のスタハンに比べるとだいぶマシになったと思います。

前回のサインは連続で出現し、どこでエントリーしてよいのか分かりづらく感じましたし、4時間足のトレンド判断の明確な基準も無く購入者の裁量まかせな印象でしたからね。

しかし今回は取引ルールが明確になったので、それだけでも格段に良くなった気がします。まぁ、それが普通なのかもしれませんけどね(笑)

基本的にはチャート左側の大きな矢印が全体的な流れの方向を示しており、チャート上の小さな矢印のシグナルでエントリーします。

個人的に嬉しかったのが、この大きな矢印がチャート上にも表示されるという事です。

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、上方向と下方向、どちらもエントリー用の矢印よりもちょっと大きく色も微妙に違っています。

ドラゴンストラテジーFX チャート画像3
ドラゴンストラテジーFX チャート画像2

これの何が良いのかと言うと、過去の検証が非常にやりやすいんですよね。

左側の大きな矢印はあくまでもリアルタイムの方向を示しているだけなので、これが有るのと無いのとではかなり使い勝手が変わってくると思います。

ちなみに損切りや利確に関しては、シグナルが表示されるわけでは無く、ドラゴンバンドを利用しての裁量判断となります。

ただし、ルールも明確なので、ある程度慣れる事で、機械的に損小利大のトレードが行えるようになるだろうと思います。

そして実際に過去のチャートに表示させてみた印象としては、シグナル通りに取引したとしても、販売ページで書かれているように、勝率8割も叩き出すのはまず無理だろうと感じました。

なので、サインツール自体の使い勝手は悪くはないと思いますが、やはりサインの見極めという部分がカギになってくるだろうと思いますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ