FXB-Manual(FXBマニュアル) 感想レビュー

FXB-Manual(FXBマニュアル) 感想レビュー

公式ホームページ
http://fxb.sakura.ne.jp/top/

販売者
野々山滋FXB

FXB-Manual(FXBマニュアル)の中身

今回は発売が2011年12月と少し古めですが、今なお根強い人気を誇るFXB-Manual(FXBマニュアル)のレビューを書いていこうと思います。

FXBマニュアルでは購入者専用サイトが用意されていますが、その中でPDFや動画をダウンロードすることが可能となっており、110ページあるPDFマニュアルの中身はこのようになっています。

  • 第1章 数多くの投資家達を飲み込んできた荒波相場で10年以上に渡り稼ぎ続けてきたFXB10ヶ条の心得
  • 第2章 ブレイクする相場を的確に捉えるチャート設定
  • 第3章 毎月500PIP以上獲得する「FXB-Manual」の概要
  • 第4章 「このチャートパターンになったらエントリーする!」 その4つのチャートパターンとは?
  • 第5章 毎月500PIP以上獲得する「FXB-Manual」取引手順とは?
  • 第6章 「リミット:ストップ=60:10」という通常20%以下が関の山の勝率を最低でも50%を超すための「だまし回避法」
  • 第7章 最小限にリスクを抑え、自分に最適な資金管理の見つけ方について
  • 第8章 ファンダメンタルズの考え方と、重要経済指標時に大幅に利益をとる方法とは?
  • 第9章 グランビル2番(G2)、ダブルトップ・ボトム、ラインブレイクのエントリー時の同期例
  • 第10章 グランビル2番(G2)のエントリーについて
  • 第11章 中・上級者向けのラインの引き方、ゾーンについて

ちなみに、公式サイトを見てみると、PDFは61ページとなっていますが、実は最近加筆されて中身が増えています

僕が購入したのは7月の下旬頃で、その時点で何ページあったのかは忘れてしまいましたが、61ページよりは多かった気がします。

発売してから3年ほど経ちますし、たぶん、その間にちょくちょく内容が増えていっていると思われます。

ついでに動画(映像)に関しても公式サイト上では76分34秒となっていますが、おそらく、これも発売時のボリュームだと思われます。

発売時に何本の動画があったかは定かではありませんが、全51本で4時間27分53秒と、3.5倍位に増えています。(2014年9月21日現在)

内容量が増えていたからと言って、ガッカリする方はまずいないとは思いますが、サイトの案内も変更した方が良い気がしますね。

参考チャート画像
FXB チャート画像

テクニカル
移動平均線

FXB-Manual(FXBマニュアル)の感想レビュー

ご存知の方も多いとは思いますが、FXBさんはブログを運営しています。
FXブレイク

そして実はこのブログの中では、実際の手法がどんなものかが公開されています。このようにレビューブログ殺しと言わんばかりに、FXBさん自身が暴露しているのです。

  • 使用するテクニカルは20MA、50MA、100MA
  • 自分でラインを引く
  • ラインブレイク、Wトップ・ボトム、グランビル2番を狙う
  • エントリーポイントから60pipsで利確、10pipsで損切り

さらにブログでは、毎日のように相場解説のような記事もアップされていますし、「商材を購入する必要があるのかな」というような気がしてしまいます。

なので、商材を購入するメリットを挙げるとすれば、このようなところでしょうか。

  • 複数時間足(環境認識)の解説がある
  • 動画解説がある
  • 内容がまとまっているので、学習しやすい

メルマガもありますし、ブログと一緒にまずはそちらをよく読んでみて、自分に合うかどうかを見極めた上で、購入してみるのが良いと思います。

実際の手法に関しては、たぶんシンプルに感じる方が多いと思いますが、実はかなり奥深い手法となっています。

ある程度は簡単に再現できそうですが、利確:損切り=60:10という超損小利大手法なので、初めは連敗が続くでしょう。

なので、FXBさん自身のエントリーの精度はかなり高そうですが、その域に達するにはそうそう簡単ではないと思います。

また、FXBさんの手法はデイトレですが、毎日エントリーしているわけではありません。1か月あたり、少なくて10回、多くても20回位ですね。

おそらくFXBさんは夕方位からチャートを見て、対象通貨は4~5種類、それで1か月あたり10~20回の回数です。

トレーダーの仕事の8割は待つこと、このような感じの事もおっしゃっていたので、ポジポジ病の方は、この商材で待つことの大切さを学んでみるのも良いかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ