MT4(メタトレーダー4)のメリットとデメリットについて

MT4(メタトレーダー4)のメリットとデメリットについて

今更感がありますが、今回からMT4(メタトレーダー4)に関して、色々と書いていきたいと思います。

そこで今回はまず導入する前に、必要かどうかを考えて頂きたいと思いますので、MT4のメリットデメリットを書いていこうと思います。

MT4(メタトレーダー4)って何?

MT4とはロシアのMetaQuotesSoftware社(メタクォーツソフトウェア社)が提供しているチャートソフトの名称で、世界中で使用されています。

「そんなロシアの知らない会社のソフトを使って大丈夫なの?」なんて思う方もいるかもしれませんが、日本にも愛用者は非常に多いです。

『みんな使っているから大丈夫』なんてことは言えませんが、少なくとも僕自身が使用してきた中では、なにか変なウイルスにやられたなんて経験はありません。

せいぜい、たまにパソコンが重くなるときがある位でしょうか。

日本にも愛用者が多いというのはメリットの一つで、何か使い方が分からなくなった時でも、検索すれば大抵のことを調べられます。

ただし、逆にそこがデメリットにもなり、ほとんどいないとは思いますが、そこを餌に自分のサイトに誘導し、悪さ企んでいる可能性もあるかもしれません。

MT4(メタトレーダー4)で気を付けるべき事

MT4の使用方法として人気なのが、僕は全くやりませんが自動売買です。

自動売買はプログラムで勝手に売買してくれるので、非常に楽に取引が可能となります。

それで勝ち続けることができれば言う事ないですけど、そんなのは分かりませんし、そのプログラム自体に悪い虫が潜んでいる可能性もありますからね。

また、自動売買と同様に、かなり豊富なインジケーターが使用できる、ここが人気のポイントの一つでもあります。

FX業者が提供しているチャートソフトでは、全く歯が立たないほどのラインナップです。

知識はもちろん必要ですが、自分で作成することも可能ですし、世界中の愛用者が作成しているので、その数は日々増え続けていると言っても過言ではありません。

もちろんこれも自動売買と一緒で、悪さを企む輩がいる可能性もあるので、あまりよく知らないところには手を出すべきではないと思います。

つまり、僕の考えとしては、MT4自体を使用する事はたぶん問題無いと思いますが、自動売買のEAやインジケーター、特に無料のものには気を付けるべきだと考えています。

MT4(メタトレーダー4)を使用する最大のメリット

僕がMT4を使っている理由としては、取引するFX業者を変更したとしても対応が楽で、新しいFX業者の取引画面に慣れるだけで良いからです。

たとえFX業者を変更しなくても、「チャートシステムを一新しました!」なんて、同じ業者でも以前と全く変わってしまう事もあります。

ちなみに僕は、取引をマネパとDMM.com、MT4をFXDDのデモ口座で使用しています。

そして実はこの分けて使用するというのが最大のデメリットで、チャートで表示されているレートと、業者の提示するレートに差がでてしまうんですよね。

わずか0.数pipsとかなので、僕は割り切って使用していますが、どうしても気になるという方は、MT4対応のFX業者を選択してみると良いでしょう。

MT4(メタトレーダー4)を使用するべき?

最後にMT4を使用するべきかどうかをまとめてみようと思います。

まず、こういった方であれば、MT4は全く必要ないでしょう。

  • 特殊なインジを使用せず、自動売買は行わない
  • FX業者のチャートシステムが変わっても気にならない
  • 他に非常に満足しているチャートシステムがある

そして、自動売買がやりたいという理由であれば、特にMT4にこだわらなくても選択肢は他にもあるので、合わせて検討してみて下さい。

逆にこういった方には、MT4をオススメします

  • MT4でやりたい自動売買(EA)がある
  • MT4専用の特殊なインジを使用したい
  • チャートシステムが変えるのが面倒

MT4を導入する前に、必要なのかを検討する参考にして頂ければと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ