複数の時間足を見れば勝てるのか?

複数の時間足を見れば勝てるのか?

複数時間足は「MTF(マルチタイムフレーム)分析」や「複数時間軸の確認」という言い方もされます。

全て意味は一緒で、上位の時間足のトレンドを確認し、短期の時間足でエントリーしましょうという事です。

今回は、この複数時間足について解説していきます。

複数時間足の狙い方

具体的には15分足を見て取引している方であれば、1時間足・4時間足・日足・この辺のトレンドを確認して、その方向に15分足でエントリーすることになります。

例えばこの図では、15分足の流れが黄色、1時間足の流れが赤とすれば、1時間足の方向に15分足で押し目を狙えそうな位置にありますね。

複数時間足1

しかし、一つの時間足しか見ていない場合、15分足で上昇トレンドに変わったと思っても、1時間足では下降トレンドの戻りを検討する位置になっていたりするわけです。

複数時間足2

複数時間足を見る手法と見ない手法の狙い方の違い

実際に複数の時間足を見て取引している方は多いですし、現在発売されているFX商材の多くがこの考えを取り入れています。

理屈としては、トレンドは小さな時間足から順番に波及していくが、小さな時間足のトレンドは大きな時間足に飲まれていく事が多いということになります。

ただしこれも考え方一つで、小さな時間足のトレンドに乗り、大きな時間足に波及していけば、その分大きな利益を狙う事も可能になるわけです。

つまり、トレンドの初動を捉えるというのはこういうことになります。

それを狙っているのがぷーさん式の手法で、高勝率よりもトータルでのプラスを狙いましょうという考えになります。
ぷーさん式トレンドフォロー手法のレビューはこちら

トレンドの初動を狙うとなるとほとんど上位足はまだ反対方向のトレンドなので、上位時間足のトレンドを見てもあまり意味が無かったりします。

ただし、もちろんなんでもかんでもエントリーするわけではなく、なるべく多くの通貨ペアを監視して、なるべく綺麗な波形を狙い精度を上げる努力は必要になります。

個人的には、ぷーさん式のように一つの時間足だけ見てトレンドの初動を狙うよりは、複数の時間足を見て押し目や戻りを狙う方がやりやすいです。

しかし、4時間以上の足でトレンドが揃っているのを狙うとなると、年に数回レベルしか無いのでぷーさん式で狙うのも良いと感じています。

しかし、それ以下の時間足で取引をするのであれば、やはり上位時間足の確認は必要になるだろうと思います。

逆張りで狙うにしても、15分足で上方向を狙うなら、1時間足は下方向で日足や4時間足は上方向になっているのが望ましいですね。

なんて、言葉で伝えてもやはりなかなか理解しづらい、または「ホントかな」と半信半疑な方も多いはずです。

だからこそ、自分自身でやってみる事が重要になります。

複数時間足を利用したトレード手法を身に付けるには?

例えば、現在15分足のみで取引をしているという方は、1時間足のトレンド判断をしてその方向へのエントリーだけを狙ってみて下さい。

短期的な視点で見ると単にエントリー回数が減っただけに感じるかもしれませんが、長期的に検証を重ねていくとエントリーの精度は上がると思います。

1時間足だけだと精度がイマイチという方は、4時間足、日足とさらに時間足を増やしてみて下さい。

そして、もし仮にエントリーの精度は上がったけど、トータルの勝ち分が減ったのであれば、監視する通貨ペアを増やしてみましょう。

監視する通貨ペアが多いほど選択肢が増えるので、より自分にとって有利な取引が可能になると思います。

トレンドを判断する方法は色々とありますよね。ダウ理論・MAとの位置関係・平均足・パラボリック…。

何でも良いのでまずは一つ、ダメなら変えてみる、さらに時間足を増やしてみるなど、やることなんていくらでもあるはずですからね。

勝てる手法ないかなぁ?なんて、ネットサーフィンの日々を過ごすよりは、そういった検証作業に時間を費やしてみることをオススメします。

複数時間足を利用したルールが明確なトレード手法が学べるFX商材

先にも書いたように、複数時間足を利用した手法のFX商材というのは非常に多く、当ブログで紹介しているものでも、8割くらいは複数時間足を利用しています。

そんな中で、オススメなのがDealing FXです。

Dealing FXの手法での上位時間足のトレンド判断は、移動平均線との位置関係によって判断する方法となっており、トレードルールも明確で分かりやすく、取り組みやすいと思います。

また、定期的にアップされている動画も豊富なので、応用的な考え方も学んでいけるのも、魅力の一つですね。

イマイチ取引ルールが定まらないという方や、複数時間足を利用したルールを実践的に身に付けたいという方は、Dealing FXで複数時間足を利用した手法を学んでみてはいかがでしょうか?
Dealing FXのレビューはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ