トレンド・ストライクFX 感想レビュー

トレンド・ストライクFX 感想レビュー

公式ホームページ
販売を終了したようです

販売者
クロスリテイリング株式会社ダイスケ

トレンド・ストライクFXの中身

トレンド・ストライクFXは動画メインの商材となっています。

  • ダイスケ流トレード講座(全16本、3時間43分9秒)
  • リアルトレード動画(全14本、1時間10分18秒)
  • チャート解説動画(全7本、1時間20分23秒)
  • Q&A動画(全4本、21分52秒)

ということで、合計6時間35分35秒となっています。(2014年10月5日現在)

これまでにこのサイトでレビューを書いてきたクロスリテイリング社の他の商材は、発売からそれなりに期間が経過していましたが、今回はまだ間もないです。

なので、クロスリテイリング社にしては、動画の量が少ない印象を受けますが、購入者にとって役立つ動画が、今後増えていくことを期待したいと思います。

ちなみにご存知の方も多いと思いますが、今回のダイスケさんは2年ほど前に、FX彪という名前で”FX彪ストロングトレード”という商材を手掛けています。

僕は前作を持っていないので詳細は不明ですが、今回の手法は前作とほぼ一緒のようなので、前作をお持ちの方は間違えないように気を付けて下さい。

参考チャート画像
トレンド・ストライクFX チャート画像

テクニカル
移動平均線4本、パラボリック、RSI(応用編)

時間足
4時間足(日足や1時間足でも可)、上位時間足を用いた複数時間足の確認もあり。

トレンド・ストライクFXの感想レビュー

今回のトレンド・ストライクFXで最も注目するべきポイントは、やはり販売ページで書かれている”ヘッジファンド流のトレードロジック”という部分だと思います。

そして、実際にトレードの判断に用いるのは、たった1つのファンダメンタルズ分析になりますが、それでヘッジファンドの手法を乗っ取る事ができるかどうかはさておき、個人的には全く知らない内容だったので非常に参考になりました。

具体的には、チャート上でのテクニカルではエントリーOKでも、この分析次第ではエントリーを控える、というような判断に用いるのが良いようです。

ただし、そこをどう判断するかです。今回のテクニカル分析は見れば分かるという感じで簡単なんですが、ファンダメンタルズの判断に関しては機械的にできるわけではありません。

なので、今回も販売ページで書かれているほど簡単ではないと思っていただいたほうが良いと思います。

購入者専用サイトのリアルトレード動画を見ると、上手い具合にトレンドに乗り、勝っている動画が多いですが、トレンドに乗れれば順張り手法ならだいたい勝てます。

同じようにテクニカル的にはサインが出ていても、見送った理由を解説してくれるような動画がほしいなと感じています。

手法の考え方自体は非常に参考になるものだったので、今後はそういった部分の解説にも期待したいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ