レバレッジのメリットとデメリット

レバレッジのメリットとデメリット

FXに対する一般的な認識としては稼げる、または怖いという両極端なイメージがあると思います。

そのイメージを作り出している原因として、レバレッジを掛けることにより、少ない資金で大きな金額分の取引が可能な事が挙げられます。

レバレッジは日本語では「てこ」と訳され、有名な「てこの原理」のごとく、FXでは小さな資金で大きな資金分の取引ができるのです。

そこで今回は、レバレッジのメリットとデメリットについて解説していこうと思いますが、まずは、レバレッジに関わる通貨単位と必要証拠金について解説していこうと思います。

FXの通貨単位

FXでは色んな呼び方でその取引量が表されます。1ロット(lot)1万通貨1枚、取引経験のある方なら聞き覚えのある言葉だと思います。

1万通貨=1枚なので、この二つは同じ単位になりますが、ロットに関しては各FX業者によってまちまちです。

1ロット=10万通貨としているところがあれば、1ロット=1万通貨としているところもあるので、注意が必要です。

どちらかと言えば、前者の方が一般的のような気がします。

また、各FX業者によって取引可能な最小通貨単位が設定されており、多くが1万通貨か1000通貨からですが、最近では100通貨や1通貨から取引可能な業者もあります。

FXの必要証拠金

必要証拠金とは、FXの取引を行うためにFX業者に預ける担保となるお金のことです。

つまりFXでは後で解説するレバレッジかけた取引が可能なので、100万円分の取引を行いたいからといって、100万円全額用意する必要は無いんですよね。

用意する金額はレバレッジにもよりますが、先にお伝えした”少ない資金で”というのは、この必要証拠金の事を指します。

具体例を用いたレバレッジの解説

今回はドル円が1ドル=100円の時に100万円の資金で、買いから入り、101円に上がった場合を、レバレッジ1倍・10倍・100倍で考えていこうと思います。

レバレッジ1倍

100万円の資金×1=100万円分の取引しかできませんので、100万円÷100円=1万通貨(1万ドル)の取引となります。101円に上がった場合、差額の1円×1万通貨=1万円の利益となります。

レバレッジ10倍

100万円の資金×10=1000万円分の取引が可能なので、1000万円÷100円=10万通貨(10万ドル)の取引となります。101円に上がった場合、差額の1円×10万通貨=10万円の利益となります。

レバレッジ100倍

100万円の資金×100=1億円分の取引が可能なので、1億円÷100円=100万通貨(100万ドル)の取引となります。101円に上がった場合、差額の1円×100万通貨=100万円の利益となります

このように、同じ100万円という資金であっても、かけるレバレッジの大きさによっては、その利益も10倍・100倍と変わってきます。そして、これがFX=稼げるというイメージの原因となっています。

ただし、先の例で99円に下がってしまった場合、それぞれの損失額は、1万円・10万円・100万円となり、当然ですが損失も10倍・100倍と変わってきます。同じように、これがFX=怖いというイメージの原因となっているのです。

ちなみに、ハイレバ低レバなんて言葉を聞くことも多いと思いますが、ハイレバレッジ・低レバレッジの略で、レバレッジが高いか低いかを表しています。

どの程度でそういった呼び方をするのか厳密には分かりませんが、なんとなく100倍以上ならハイレバ、5倍以下なら低レバという印象を受けます。

また、国内のFX業者ではレバレッジが25倍までと規制されているので、ハイレバでの取引を求める方は、海外の業者で取引を行う他ありません。

FXの目的はお金を稼ぐことですが、FXでは勝つ事よりも負けた時のことを考えて、まずは相場の世界で生き残っていくことの方が重要だと思っているので、個人的にはレバレッジの高さには全く魅力は感じません。

つまり、国内のFX業者で十分だと思っています。

海外業者は何かと問題のある所も多いようなので、レバレッジのメリットとデメリットを理解し、ハイレバの謳い文句には踊らされないように気を付けてほしいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ