MT4が動かない場合の対処法

MT4が動かない場合の対処法

デモ口座でMT4を使用していると、ほぼ必ずMT4が動かない事態に遭遇します。

というのは、MT4のデモ口座には有効期限があり、各業者によってまちまちですが、多くが30~90日間です。

時には「あれ、もうそんな時期だっけ?」と思ったり、「まだ90日経ってないのかな?」と思う時もありますが、そういった事態になっても焦らないように、今回は対応策や対処法についてお伝えしていこうと思います。

無効な口座となっている場合

MT4が動かない時には、まず、右下を確認してみましょう。このように緑と青のグラフが表示されて、数字が出ているのが通常に動いている状態です。
MT4 7-1
↓↓↓
MT4 7-2

ところが無効な口座となっている場合。

MT4 7-3

これはデモ口座の有効期限が切れているケースなので、再度デモ申請を行いましょう。

MT4 7-4

こちらの記事の途中からの解説と同じ流れになります。
MT4のダウンロード方法

ただし、FX業者によっては同じメールアドレスでは再び申請ができないところもありますので、新規で捨てアドを作って申請するほうが良いかもしれません。

回線不通となっている場合

MT4 7-5

回線不通も先に書いたデモ口座の有効期限が切れている場合、または、デモ申請が上手くいっていない場合があります。

さらには、デモ口座を開設した業者側のサーバートラブル、または、自分のパソコンの通信トラブルのケースも考えられます。

なので、まずは自分のパソコンでネットに接続できるかを確認してみて下さい。

接続が確認できれば、めんどくさいですが、再度デモ口座の申請をするか、もしくは、ちょっと時間を空けてMT4を再起動してみましょう。たまに一時的なトラブルで動かない場合もあり、再起動で復旧することもあります。

しかし、急いでいる時には、毎回こんなことはしていられないですよね。

そこで、MT4が急に動かなくなっても焦らないように、2社以上のMT4をダウンロードしておくことをオススメします。

もしくはメインで使っているMT4のFX業者は、本口座を開設してしまうのも良いでしょう。

このような感じで、いざトラブルが起きても困らないように、自分なりに対応策を用意しておくことを考えて頂ければと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ