水平線とトレンドライン(サポートとレジスタンス)の引き方と使い方

水平線とトレンドライン(サポートとレジスタンス)の引き方と使い方

ラインは多くのトレーダーが意識しているため、値動きの節目になりやすいポイントになります。

なので、価格が止まりやすいという性質を利用して決済の目安にしたり、抜けたら動きやすいという性質を利用してエントリーの目安にもなります。

しかし、ラインの引き方はトレーダー次第で分かれ、僕はざっくり引くタイプですが、今回はその辺りも合わせて解説していこうと思います。

ライン 1

水平線の引き方

ラインには2種類ありますが、横に引く線は水平線と呼ばれています。

ライン 2

僕はこのように、その時の高値と安値付近に引き、さらに、何度か価格が止まっている所に引くようにしています。

この何度か価格が止まっているというのがポイントで、”止まっている=意識されている”ということだと思うんですよね。

また、こうしてざっくりと引く理由としては、チャートの価格というのは、厳密には各FX業者によって異なるので、ヒゲの先端や実体にこだわって引いてもあまり意味が無いと思っているからです。

つまり、FXDDのMT4ではヒゲの先端に引いたつもりでも、クリック証券のプラチナムチャートでは届いていなかったり、または抜けていたりということが考えられると思うんです。

なので、多少抜けたり届いていなかったとしても、何度か止まっている所に引くのが良いと考えています。

また、エントリーは抜けたらすぐにエントリーするわけでは無く、その後の値動きの確認や、場合によってはロウソク足数本分待ちますし、決済も到達したら決済では無く、揉み合うようなことがあれば早期撤退もありえます。

このようにラインは絶対では無く、その近辺が意識されるだろうなという感じで、あくまでも参考程度に使用するのが良いと思います。

トレンドラインの引き方

横に引くのが水平線と呼ぶのに対して、斜めに引く線はトレンドラインと呼びます。上昇トレンドであれば安値同士を、下降トレンドであれば高値同士を結ぶラインですね。

ライン 3

ちなみにこのチャートでは下降トレンドになるので、高値同士を結んでトレンドラインを引いていますが、下にもう1本ラインを引いています。

これは、トレンドラインと並行に引いたラインでチャネルラインと呼ばれるもので、これも同様に節目として意識され、この間を価格が行き来しやすくなると言われます。

つまり、トレンドライン付近でエントリー、チャネルライン付近で決済といった戦略も立てることが可能になります。

ちなみに、僕はトレンドラインは引くこと自体があまり得意でなく、しょっちゅう引き直しをする必要があるのも面倒臭く思い、水平線と比較すると簡単に抜けやすくも感じるので、あまり好きではないですね。

サポートラインとレジスタンスライン

サポートラインとレジスタンスラインという言葉も良く聞くと思います。合わせてレジサポなんていう言い方もしますね。

どちらも水平線かトレンドラインのことですが、役割によって呼び方が変わります。下から上がってきた価格の抵抗となるのがレジスタンスライン上から下がってきた価格を支持しているのがサポートラインとなります。

ライン 4

また、それぞれの役割から日本語では、レジスタンスライン=抵抗線サポートライン=支持線という呼ばれ方もします。

さらには同じ一本のラインでも、サポートラインが抜けてからレジスタンスラインとして機能し、再度抜けてまたサポートラインとして機能する、このように絶好のエントリーポイントとして機能することも多々あります。

ライン 5

こういったラインを参考にトレードを行う事で、それだけでエントリーや決済に根拠を持たせることも可能になりますね。

実践的なライントレードが学べるFX商材

このようにラインを用いて取引する手法の事をライントレードと呼びますが、ライントレードに特化したFX商材というのは、わりと少ない印象を受けます。

ラインを引くことは色んなFX商材の手法として取り入れられていますが、ラインだけで取引をするFX商材が少ないということですね。

そんな中で、当ブログでイチオシなのが、1万円という良心的な低価格で学べるぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝です。

ぷーさん式の手法では基本的には他のテクニカルツールを一切使わず、相場の波を読んで水平線のみを引いて取引を行います。

また、6時間という豊富な動画の中で色んな視点や角度から解説がされているので、ラインも様々なチャートパターンから学んでいくことが可能です。

ラインの引き方や使い方に自信の無いという方やライントレードに興味のある方は、ぷーさん式で実践的な引き方や使い方を学んでみてはいかがでしょうか?
ぷーさん式トレンドフォロー手法のレビューはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ