根強い人気のMACD

根強い人気のMACD

MACD(マックディー)も非常に人気があり、愛用者の多いテクニカルツールですね。

Moving Average Convergence and Divergenceの頭文字をとったのがMACDで、日本語訳では移動平均収束拡散法となります。

一般的には、MACDとシグナルの2種類のラインで表され、単純移動平均線(SMA)ではなく、指数移動平均線(EMA)をベースにしているのも特徴です。

  • MACD=短期指数移動平均-長期指数移動平均
  • シグナル=MACDの指数移動平均線

各パラメーターに関しては、短期:12長期:26シグナル:9が一般的となっており、これは考案者であるジェラルド・アペル氏の推奨値であるそうです。

MACDの見方と使い方

一般的なMACDの表示はこんな感じになります。
※青=MACD、赤=シグナル
MACD1

MACDのほうが、シグナルよりも早く相場に反応するのが特徴的で、このようにエントリーサインとして使う方が多いようです。

  • MACDがシグナルを下から上へ突き抜けるゴールデンクロスで買い
  • MACDがシグナルを上から下へ突き抜けるデットクロスで売り

また、MT4に標準で搭載されているMACDはこんな感じになります。MACDの表示がヒストグラム(棒グラフ)となり、ちょっと見づらい印象も受けます。
※シルバー=MACD、赤=シグナル
MACD2

各FX業者で提供しているチャートでも、ヒストグラムを表示しているものはありますが、MT4のヒストグラムとは用途が異なるものが多いです。
※青=MACD、赤=シグナル
MACD3

この場合のヒストグラムはMACDとシグナルの乖離幅を表しており、上に伸びていればGC中、下に伸びていればDC中となります。

試しに上から順番に並べてみました。
MACD4

このように同じ相場の局面であっても、使用するMACDによって表示が異なりますので、まずは自分が見やすいと思うものを選んで頂きければと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ