順張りで使う?逆張りで使う?ボリンジャーバンド

順張りで使う?逆張りで使う?ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド、通称ボリバンですね。ボリンという言い方もされるようですけどね。

順張りでも逆張りでも使われる非常に人気のあるテクニカル分析ツールです。

ボリバンはアメリカのジョン・ボリンジャー氏が、1980年代に考案したそうです。

初めて聞くと「ボリンジャーって何?」と思ってしまいますが、単に考案者の名前です。このような法則やツールに自分の名前を付ける方は、珍しい名前の方が多い気がしますね。ダウ・グランビル・ボリンジャー氏、いずれも僕は投資を始めてから聞いた名前でした。

なので、スミスとかよく居そうな名前や、マイケルとか他に有名な方と同じ名前だったら、別の名称になっていたのではないかなと思ってしまうんですよね。

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドは相場の変動率を統計学の標準偏差を用いて表しており、それぞれのバンド内では、以下の確率で収まるようになっています。

  • ±1σに収まる確率 = 約68.2%
  • ±2σに収まる確率 = 約95.4%
  • ±3σに収まる確率 = 約99.7%

※青=±1σ、赤=±2σ、黄=±3σ、(真ん中の黄色ラインはMA)
ボリバン1

ボリバンは使う方によって色んなやり方があるようですが、とりあえず、僕自身がよく見かける使い方を紹介していきたいと思います。

ボリンジャーバンドの使い方~順張り編~

まずは、ボリバンの収縮(スクィーズ)と拡大(エクスパンション)によって、相場のボラティリティを判断するという使い方です。

一般的に、相場はボラが低い時よりも、高い時の方が取引しやすいと言われているので、ボリバンが拡大した時に、エントリーチャンスを狙っていくという考え方になります。

ボリバン2

また、実際のエントリーチャンスとしては、バンドウォークと言われる、価格がバンド内に沿って動いていく部分を狙うやり方もあります。

ボリバン3

この局面では+1σでエントリー、+2σで決済で、何度か取れていそうな感じですよね。さらにバンドウォークではなく、エントリーは他のテクニカルと組み合わせて判断し、利確をボリバンの±2σを目安にするといった方も多いようです。

ボリンジャーバンドの使い方~逆張り編~

ボリバンで逆張りと言えば、横移動中のレンジ相場を狙って、±2σで逆張りエントリーというのが、非常に有名な使われ方ですね。

ボリバン4

ただし考案者のジョン・ボリンジャー氏が逆張り使用を推奨していない事もあり、否定的な意見も非常に多いやり方となります。

僕もこういった取引は全く行うことはありませんが、本人が納得して使っていて勝つことができているなら、別にそれはそれでいいのではないかなと思います。実際に、それだけで利益を上げているという方もいるだろうと思います。

ちなみに豆知識として、ボリバンの紹介は±3σまでが一般的ですが、実はやろうと思えば±4σ・±5σ…というのも可能なんですよね。
※ピンク=±4σ、緑=±5σ、(真ん中の緑ラインはMA)
ボリバン5

このように表示させたところで、効果的な使い方があるのかどうかは、僕自身も全く分かりませんが、なんとなくこういうのって面白いなと思いますね。

ボリバンを使用した手法を実践的に学べるFX商材

ボリバンは人気の高い非常にメジャーなテクニカルツールなので、FX商材の中でも、これを使った手法が解説されているものは多いですね。

当ブログで紹介しているFX商材にもいくつかありますが、そんな中でオススメしているのがDealing FXです。

Dealing FXの手法で使われるテクニカルは移動平均線とボリバンの2つですが、ボリバンもトレンドの判断からエントリー・決済に至るまで注目していきます。

豊富なトレード動画や、環境認識動画で分かりやすく解説してくれているので、様々なパターンから読み方を学んでみたいという方には非常にオススメしますよ。
Dealing FXのレビューはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ