ちょっとややこしい、ストキャスティクス

ちょっとややこしい、ストキャスティクス

ストキャスティクスも人気のある相場の買われ過ぎ、売られ過ぎを表すオシレーター系テクニカルです。

オシレーター系テクニカルという分類がピッタリなほど上下に振り子のように動くので、レンジで逆張りエントリーに使用する方が多いと思います。

ストキャス”や”ストキャ”と略す方も多いですね。1950年代にアメリカのジョージ・レーン氏によって考案されたそうです。

色々とややこしいストキャスティクス

僕はよくこういったテクニカル分析ツールの計算式や理論に注目してみるんですが、ややこしいものが多い中で、ストキャスティクスは特にややこしい気がしています。

まず、ストキャスティクスには3つの数値が存在しますが、計算式はややこしいので(笑)意味だけご紹介しておこうと思います。

  • %K=現在値が、ある期間の最高値と最安値の間のどの水準にあるのかを示す
  • %D=%Kの数値を、ある期間で平均したもの
  • Slow%D=%Dの移動平均線

しかし、ストキャスティクスはこのように3つの数値があるにも関わらず、2種類の数値のラインのみを表示させるのが一般的です。FX業者のチャートでは、一気に3つ表示可能なところも多いようですけどね。

そして、その2種類の数値の組み合わせによって、%Kと%Dではファースト・ストキャスティクス、%DとSlow%Dではスロー・ストキャスティクスとなります。

ファーストのほうが敏感に反応する分ダマシが多いと言われており、ゆっくりと反応するスローを使う方のほうが多いようです。

MT4のストキャスティクスは、さらにややこしい

MT4にもストキャスティクスは標準搭載されていますが、設定方法がややこしいです。”Stochastic Oscillator”という名称ですが、設定画面はこんな感じになっています。

ストキャス1

そして、表示させるとこのようになります。

ストキャス2

やはり2本の表示なんですが、これはファーストなのか?それともスローなのか?初めて使う方にとっては悩むポイントではないかなと思うんですよね。

先の設定画面でも何を表示させるかの選択肢は無く、「色の設定」の画面を開いてもこんな感じですからね。

ストキャス3

メインとシグナルって何?と、さらに意味が分からなくなってしまうと思います。しかし、MT4のストキャスティクスは、実はこれ一つでどちらも表示が可能です。

やり方としては、先の設定画面の「スローイング」を「1」にすると”ファースト・ストキャスティクス”で、メイン(緑ライン)=%K、シグナル(赤ライン)=%Dとなります。

そして「2」以上に設定すると”スロー・ストキャスティクス”で、メイン(緑ライン)=%D、シグナル(赤ライン)=Slow%D となります。

ストキャス4

なので、MT4のストキャスティクスのデフォルト設定ではスローイングが「3」なので、スロー・ストキャスティクスということになりますね。

ちなみに、%Dとスローイングはデフォルトの「3」で使用する方が多いようですが、%Kはデフォルトの「5」以外に「9」や「14」にする方も多いようです。

最後に、ファースト・ストキャスティクス(5・3・1)と、スロー・ストキャスティクス(5・3・3)を並べて表示させてみました。

ストキャス5

やはり、どちらもこういったレンジ相場では効いているように見えますが、ファースト・ストキャスティクス(上)のほうが、敏感に動いていますね。

先にお伝えしたように、その分ダマシに合っている箇所も見られますが、好んでファースト・ストキャスティクスを使っている方もいますので、あまり先入観には捉われずに、自分に合った設定を選んでみてほしいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ